【モテる技術】~モテるを再定義する~

「モテる」には、理論が存在します。 このブログでは、その理論を紹介しつつ、 お勧めできる洋服・音楽・自動車・ナンパ技術・お金の使い方を紹介していきます。 今の恋愛市場を見ると、出会い系サイトなどで無意味に搾取されてしまっている持てない男性で溢れ返っています。そんな男性に正しいモテ方を教えます。

【男性用モテるメンズアクセサリー】君のアクセサリーは戦略に基づいているか?

さて、アクセサリーである。

アクセサリーを気にしている人が、

世の中には異様に少ない気がする。

 

特に男性だ。

 

男性のアクセサリーは古代から

権力の象徴として、受け継がれている。

 

王冠、指輪、ブレスレット。

 

これらをつけることは、基本的には、

権力を身にまとっているという証拠になるのだ。

 

そもそもアクセサリーは必要なのだろうか?

 

僕たちは、ナンパする時もデートする時も

女性を楽しませることが大事だ。

 

そして、女性を楽しませてくれるのは、

基本的には、チャラくて遊びに慣れていて、

自分の知らない遊びを知っているちょっと悪い男だ。

 

今の時代、ほとんどの女性はまじめだ。

少なくとも表面上は、悪いことをする女性は大幅に

減っているように思える。

 

そのため、僕たち男性は、

「チャラくて、遊びに慣れていて、女性を楽しませることができる男性」

を演じる必要がある。

 

実際に悪い必要なんてない。

「この人と遊べばきっと楽しいのだろうな」

と、本能的に訴えさせる必要があるのだ。

 

それにしても、なぜアクセサリーは人を惹きつけるのか?

 

これは、ハンディキャップ理論によるものと考えられる。

 

生物学者アモツ・ザハヴィによって提唱されたものである。

 

アクセサリーをつけるというのは、正にハンディキャップ理論だ。

 

不良の世界を考えてみてほしい。

不良が因縁をつけるのは、どんな人だろうか?

 

たいていの場合、目立つ奴だ。

 

学校の先生が怒鳴りつけるのは誰だろう?

 

髪が明るかったり、染められていたり、ネックレスや指輪を

付けていたり、だらしない服装をしている人たちだ。

 

やはり目立つ人だ。

 

しかし、目立つままでいられるということは、

何を意味するだろうか?

 

それは、「何かの権力を持っている」ということを意味している。

 

目立つことを許されているという特権を象徴しているのだ。

 

そのためにアクセサリーは必須だ。

 

ちなみに、私が持っているアクセサリーと

似たようなアクセサリーを紹介しておこう。

 

簡単に言うと、モテるアクセサリーとは、学校に行って、

「これは中学校に付けていったら、すげー怒られるだろうな(笑)」

というものだ。

しかし、ファッションでも、ドレスとカジュアルのバランスが大事なように、

アクセサリーにも、イカツサとユーモアのバランスが大事になる。

 

参考に挙げておこう。

ドクロは明確にイカツサを表す。

 

 

https://amzn.to/2FjdlMy

 

https://amzn.to/2Jtbzek

 

これらは値段も安いですし、費用対効果も高いです。

さらに、これらのアクセサリーも自分の意識もアルファメイルになりやすくなります。

あまりに奇をてらったアクセサリーは、滑りやすくなってしまいます。

あくまで、「先生に怒られそうな」アクセサリーを選ぶことを意識してください。

 

 

その他、ブレスレット、ネックレスについても、基本的には

「先生に怒られるかもな。。。」という視点で選んでください。

 

シンプルなものでも、遊び心があるものでもいいと思います。

 

とにかく、先生に怒られるように努力しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

【モテる食事】僕たちはもっとモテる食事ができる

いい私が以前から紹介していて、すでに実践している方も

多いと思うが、僕は最強の食事をまさに実践している。

 最強の食事を全く知らない人は、ぜひ本を読んでほしい。

簡単に概略を書くと、デブだった著者が、お金を使って、どうやって健康で

頭がクリアな状態を保ちつつ、痩せることができるかを実践し、

その功績を書いた書籍だ。 

 

 

様々な研究結果もバックボーンにあり、私自身も、この食事方法を実践して、

頭が切れるようになったのを痛感している。

 

なによりの証明が、これまでメールマガジンの発行が、夜しかできなかったのが、朝、スッキリ目を覚まし、メールマガジンの発行が出勤前にできるようになってしまったのだ。

しかし、ここ最近、この食事方法が批判されている本に出会った。

それがこちら。

 ここでは、基本的には糖尿病や、ガン、その他高血圧など、具体的な「病気」から避ける方法とともに、このような記述があった。

 

以下引用ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「シリコンバレー式自分を変える最強の食事」という本が日本では一時話題になったが、残念ながらこの本に書かれている食事を行なっても健康になるとは考えにくい。

 

この本で説明されている内容の多くが科学的根拠にもとづかないものだからである。

 

この本の著者であるデイヴ・アスプリー氏が自分で体験してみて、調子が良くなったと感じた食事を紹介しているだけで、それが病気にならないという意味で健康的であるわけではないのである。

 

〜中略〜

 

例えば、この本では、グラスフェッドのバターを入れたコーヒーを飲むことが推奨されている。時に、バターとオリーブオイルが同時に「体に良い油」として紹介されていることもあるが、それは間違いである。

 

同じ油でも、オリーブオイルは健康に良い油であり、バターは体に悪い油であることが数多くの研究からわかっているからだ。☆4

 

ここまで引用ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

なるほど。

しかし、☆4と書いてあるのはなんだろう?

と思い、こちらを押してみると、注釈に飛んだ。

 

そしてなんと、「実は、バターの摂取量と病気のリスクとの関係に関するエビデンスはそれほど強くない。」と書かれている。

 

おいおい、大見得切って批判した割には、注釈で逃げ道を作るとは。。。

 

私はこの瞬間、「この本は読む価値があるのか?」と思ってしまった。

正直な話、目新しい話はあまりなかった。(唯一参考になったのは魚の剣広告かが確認できた点だ。やはり摂取すべきは魚がベストだ。)

 

そもそもだが、まず「最強の食事」とは目的が違う。

「最強の食事」では、脳の炎症を抑え、ぼんやり頭を解消し、活力を持って、

物事に取り組めるような食事を目指していた。

 

しかし、「究極の食事」は、「病気にならず長生きする食事」を目指している。

 

2つの目的はそもそも全然違うものであるので、「究極の食事」は「最強の食事」を批判すべきではないのだ。

 

私は、この本を読んで、もしかしたらグラスフェッドバターの影響は軽微なのかもしれないと思い、1日だけグラスフェッドバター入りコーヒーを飲むのを止めてみた。

 

するとやはり、お腹は空くし、集中できないし、その結果昼食を食べ過ぎてしまし、

この日は台無しだった。

 

「最強の食事」が有効であることはあっという間にわかった。

 

世の中には、売れる本を作るために、何かを批判する本が溢れている。

僕たちは、健康を目指すのでも、最強を目指すのでもない。

 

「モテる食事」を目指すのだ。

 

美しいシルエットと体系を維持するために、バターコーヒーは有効だ。

脳にも良い。

 

さらに、個人的には筋トレの頻度を上げることをお勧めしたい。

 

これは、少し筋トレを週一回としている最強の食事の掟に反するが、

睡眠時間を8時間しっかりとれば問題はないだろう。

 

そして筋トレした日は必ずプロテインを飲もう。

プロテインは金肥大にはかかせない重要なタンパク源だ。

 

私は筋肉がつきにくい体質だと思っていたのだが、なんてことはない。

筋トレとタンパク質が不足していただけだったのだ。

そして、筋肉が一度ついてついてしまえば、基礎代謝が向上し、

太りにくくなる。

 

この好循環が、理想の体型を作ってくれる。

これにより、顔までシュッとし、嘘のように見た目が良くなる。

 

バターコヒーを飲み、筋トレをし、プロテインを飲もう。 

おそらく、外見でのあなたの悩みをかなり減らすことができるだろう。 

 

 

【非モテは犯罪者】僕たちは残酷な時代に突入した

「モテない」

 

これに悩まされてきた男性が、どれだけ多いのだろうか?

 

つい先日も財務省の事務方のトップである福田淳一事務次官がセクハラ問題で辞任した。

また、新潟県の米山隆一知事(50)も女性問題で辞任。

 

現時点での詳細なニュースはいくらでも検索できるので、検索してもらえればいい。

 

また、まだ不確実な部分も多いので何とも言えないが、

「女性記者」「女子大生」に「嵌められた」可能性もある。

このブログでは、なぜこれだけ学歴も素晴らしく、肩書としても成功者の2人が、

セクハラをしてしまったのかを検討していきたい。

 

これは残酷なまでにある恋愛のルールを再現しているのだ。

 

「学歴や年収で、女性にモテることはない。」

 

ということだ。

 

ちなみに、福田事務次官は、お見合い結婚をしているが、子供はいない。

米山県知事にいたっては独身だ。

 

もし、彼らが、女性にモテモテで、女性に困っていないのであれば、

福田事務次官のような安易なセクハラをしないで済んだだろうし、

米山県知事のように、出会い系サイトで出会った女性にお金を貢ぐこともなく済んだのではないかと思う。

 

「モテる」には2つの要素がある。

 

「ファンダメンタル」と「テクニカル」だ。

株式投資をしている人は、この2つの言葉はなじみ深いかもしれない。

 

株式投資の世界でのファンダメンタル投資とは、「企業の実質的な価値」に重きを置いた投資方法である。

その企業の業績が堅調に拡大していけば、その企業からの配当の受け取りや企業価値が増すのだから、当然株価は増すだろうという考えのもと、行っていく投資だ。

 

もう一つが、テクニカル投資だ。

これは、チャートや出来高を見ながら、株の需給に重きを置いて、

「人が次どう動くか?」を予測しつつ、自分が先回りして儲ける手法だ。

 

ちなみに私はどちらの投資も行う。

 

恋愛においてもこの2要素は非常に重要だ。

恋愛におけるファンダメンタルは、

「見た目」「職業」「学歴」「年収」

などだ。

自分の価値を高めることで、相手に対して魅力的に映らせることだ。

 

では、テクニカルとはなんだろうか?

「女性との会話」「ファッション」「デート中の行動」

など、短期的な要因で、訓練可能なことだ。

 

先に言っておこう。

どちらの要素も大事だ。

しかし、どちらか一方が欠損しているだけで、女性に全く相手にされない男性「非モテ」に成り下がってしまうのだ。

 

米山隆一知事は、記者会見では、女性に貢いでいたと発言している。

男性が女性に嵌ると、これはよくある現象であるが、モテるためには貢いではいけない。

 

以前にも書いたので、詳細はこちらを読んでほしい。

 

www.tentengu.com

 

大事なのは、女性を傷つけずにディスることだ。

ディスるという表現が強すぎるのなら、「からかう」という表現が適切かもしれない。

 

女性にモテることを研究するというのは、世間一般から見れば、なんだか胡散臭くていやらしい感じがする。

しかし、今回の件で明らかになったのは、「非モテ」は大きなリスクだということだ。

男に性欲がある限り、男は性欲を処理しようとする。

それは、自分が可能と思える手段でだ。

 

サーカスで買われているゾウは、鎖を切っても逃げることはない。

それは、逃げれないと思っているからだ。

 

もちろん、実際の理由はゾウに聞いてみないと分からない。

 

「逃げる」という概念すらないのかもしれないし、

サーカスが行われているような街中で逃げても、殺されるか、捕まって折に戻されてしまうということを理解しているのかもしれない。

もしかしたら、今の現状に満足しているのかもしれない。

 

「非モテ」も同じだ。

 

実際には、彼らはファンダメンタルを見ればとびぬけて優秀だ。

ファンダメンタルでは私なんて、鼻くそのようなものだ。

それだけの努力をして来た人間である。

 

筋トレをし、さらに見た目を向上させることも容易だ。

これに女性との会話や、ちょっとしたパーティーへ頻繁に参加すれば、あっという間に「モテ男」になれたはずである。

 

しかし、彼らはそれができないと思い込んでいた。

それがいびつな形で、出会い系サイトで嵌められたり、セクハラをしてしまうといった行為につながっているのだ。

 

僕は題名で、「非モテは犯罪者」と書いたが、正確には「非モテは犯罪者予備軍になり易い」ということだ。

 

もし、非モテを解決したいとか、こんな悩みを抱えているという人がいたら、僕はなるべく寄り添っていきたい。

 

「モテる」というのは、大したことじゃないんだ。

しかし、その大したことじゃないと思われていたことが、今回のような「大事件」を招いている。

 

どんな年齢であったとしても、僕たちはモテ続けなければいけないのだ。

ファンダメンタル価値を向上させ、テクニカルの価値を磨き続ける。

 

このブログに共感してくれた方は、もはや仲間である。

 

僕たちはモテるための知識を共有し、女性を楽しませ、女性にモテる人生を歩まなければいけないのだ。

 

 

【モテる食事】MCTオイルでモテを加速させる技術

モテる食事と言われて、おいしいお店だとかオシャレなお店だとかの話かと思って、このブログを見てくれた人の期待を裏切ってしまって申し訳ないのですが、

今回の話は普段の食事の話です。

 

僕は小麦を徹底して食べないようにしています。

 

つまり、

 

・そば

・うどん

・ラーメン

・ハンバーガー

 

は、よほどのことがない限り食べません。

小麦は炎症の元であることは、これまでも述べてきた通りなのです。

 

しかし、最近、ラーメンを職場の事情で無理やり食べさせられたところ、

明確に

・顔がむくみ、ニキビができてしまったのです。

 

小麦だけの影響ではなく、お酒の影響もあったとは思いますが、

この日は、このせいでかなり大きなダメージを負ってしまい、

次の日も使い物にならない状態でした。

 

僕が観察している限り、普段の食事に気を使える人と言うのは、恐ろしく少ないです。

 

それはなぜなのか?

 

この原因を突き詰めていくと、ある心理に突き当たるんです。

それは、

 

「お腹が空くから」

 

です。

何を当たり前のことを言っているんだと言われそうですが、

同じお腹が空く状態でも2種類に分けられると思います。

 

1.急性空腹

これは、無性にジャンクフードが食べたくなるような状態です。

小麦には中毒性があるので、日常的に小麦を摂取している人は、

まずは小麦を断つことから始めてみるといいと思います。

 

2.緩性空腹

これは、「とにかくジャンクフードが食べたい!」という、

中毒症状からくる、マグマのような欲求ではなく、

「なんとなく何かをお腹に入れておきたい」程度の

欲求です。

 

さて、急性空腹を抑え、緩性空腹を維持するには、何が必要でしょうか?

大抵の人は、急性空腹に耐えられなくなり、ダイエットに失敗します。

 

では、急性空腹がなくせる食品があるとしたら、それってすごくないですか?

ダイエットのでの失敗、リバウンドは一切無くなります。

なぜなら、急性空腹がなくなるからです。

 

その製品がこれです。

仙台勝山館MCTオイル360g

https://amzn.to/2IXLaoN

 

mctオイルというのは、中鎖脂肪酸(Medium Chain Triglyceride)の略です。

通常脂肪は、かなり長い炭素の鎖が連鎖しているため、分解されにくいのですが、

中鎖脂肪酸は、鎖が短く、即エネルギーに変換されやすいのです。

 

最近は、ケトン体ダイエットとして、その存在も認知され始めています。

急性空腹をなくし、さらにケトーシス(ケトン体をエネルギーに使う状態)

になることも促してくれるため、ダイエットには最適です。

 

エネルギーレベルの低下も防ぐため、ダイエットによくあるぼんやり頭の

状態からは解放され、逆に思考がクリアになります。

 

最強の食事に詳しく書かれていますが、コーヒーに入れるのが、最良かと思います。

 

https://amzn.to/2H1pV4y

 

できるところから始めてみましょう。

ただし、mctオイルは飲みすぎると下痢になるので注意してください。

小さじ1杯(5ml程度)から始めてみるのがベストです。

 

 

 

 

 

 

 

【モテる歌】僕たちはみんな「エロDJ」になれる

DJというと大げさかもしれませんが、

日常的にも音楽って人の気分を大きく左右すると思うんですよね。

シーンに合わせて音楽を選択することがDJの仕事なわけです。

そして、僕たちは自動車という閉鎖的空間の中で、音楽を賭けることでデート等の雰囲気を盛り上げることができます。

 

 

もちろんこのブログは「モテ」を意識しますが、

「モテ」を作るためには、「自分が楽しめること」が必須です。

 

あくまで個人的な視点からですが、この音楽は「いい感じ」と思ったものを

リストアップさせていただきます。

 

因みに僕は、iPadで音楽を聴くので、アップルミュージックをメインに使っています。別にアンドロイドで全く問題ないと思いますが、車の中で聞いている曲を紹介します。

 

僕は音楽を聞かせればいい方向に持っていける「エロDJ」です。

最先端の音楽をかければいいわけではありません。

そのため、ナンパやデートに使える「エロいい曲」を紹介します。

 

1.「Traveling」 宇多田ヒカル

www.youtube.com

 

「古っ!!!」って思った方、一周回ってこの局は新しいんです。

EDMに近い音楽です。

若者はあまり聞いたこともありませんし、曲自体に古さを感じさせることはありません。

宇多田ヒカルの歌詞って、古さと新しさが違和感なく同居している感じがあるんですよね。歌詞も過激で好きです。好きな部分を抜粋しておくと、

「仕事にも精が出る。金曜の午後。」

仕事に精が出るなんて、今の現代人であれば普通言いません(笑)

しかし、なんとなく気持ちのいい表現ですよね。

 

「Traveling もっと Traveling 揺らせ 壊したくなる衝動」

リズムに乗って過激なことを言っています。

抑圧された願望を「壊したくなる衝動」という歌詞がいい感じで表しています。

非日常感への肯定を促します。

ちょっとハメ外していいよね?

というナンパには非常に相性のいい歌です。

洗脳というと言葉は悪いですが、音楽が人間に与える影響は大きいです。

 

全体的に歌詞は「非日常を楽しむこと」に焦点を当てています。

彼女とのデートでも、ナンパでも相性のいい歌です。

 

2.Closer TheChainsmokers

www.youtube.com

「モテる人のモテる人によるモテるための歌」とはまさにこの歌でしょう。

これのEDM版があれば紹介したのですが、どういうわけか見つからなかったです。

AppleMusicでは、Closer(SME Remaster Version)という曲が、テンポも速くて素晴らしいと思います。

これもサビの歌詞がいいんですよね。

 

So baby pull me closer in the backseat of your Rover

(だから、お願い、引き寄せて。あなたの車のシートの後ろで。)
That I know you can't afford

(私が買うことができないような。)

 

なんだか、エロいい感じで盛り上がりますよね。

この「エロい感じ」というのが、人間の本能を刺激して、モテます。

 

3.Bad David Guetta &Showtek

www.youtube.com

「「悪い」と「エロい」は紙一重」

この名言を心に刻んでいる人は多いでしょう。(僕が今考えました)

中学校時代から基本的に「悪い」人はモテました。

不良がその最たる例ですね。

大抵の場合、既存勢力の圧力に屈しない人がモテます。

 

女性は本能的に理解しているようですが、基本的に「いい子」というのは、既存勢力の搾取の対象です。

 

いい子じゃないことは、最も価値があるんです。

「悪い」ことを題材としたこの歌は、間違いなく「エロい」です。

 

尾崎豊が若者の熱狂の対象だったのは、「悪かったから」です。

 

「悪」は「エロ」を産み出す根源です。

 

 

以上、3曲が曲を選ぶための素晴らしい教材になるので取り上げました。

今後もいい曲があれば、「なぜいいのか」を考えて言語化していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【モテる義務教育】僕たちは「残り4教科」でモテを加速できる

さて、私は現在30歳ですが、20台前半の頃は、まったくモテませんでした。

 

この理由は簡単で、

「5教科」

を頑張りすぎていたからだと思っています。

 

5教科というのは、学校教育で入試に使われる教科

「国語、算数、理科、社会、英語」

です。

 

これらの学問は、退屈だった学校生活の部分の記憶を引き出してしまいます。

国語、算数、理科、社会、英語

が得意だった人は、いるかと思いますが、

好きだった人は少ないと思います。

 

その理由は、この学問自体に原因があるわけではなくて、

この科目を使って僕たちはテストという画一的な

競争を強いられてきたからです。

 

先ほど述べました通り、私はこれらの学問が好きではありませんでしたが、

得意でした。

そこそこの点数を確保できてしまったんですね。

それと同時に、

「音楽、体育、美術、家庭科」

の4教科を軽視していました。

 

もちろん、5教科がある程度できた方がいいのは間違いありませんが、

ある一定以上のレベルは必要ないんです。

むしろ、日常でもその会話を継続すると、

「教養が狭く、つまらない人間」

という評価をされてしまいます。

 

これこそが、非モテの最たるものです。

 

そのため、僕は「残り4教科」を極めるとモテるんじゃないかという

仮説を持って実験しています。

また、これからの時代は、個が重視される時代です。

人脈や資本が独占されていた旧世代の社会は終わりを迎え、SNSやTwitter等で個が評価され、個で稼げる時代が到来しています。

「国語、算数、理科、社会、英語」はコミュニケーション手段としての重要性は持ちますが、受動的仕事の中では、AIに代替されます。

 

・能動的であることと。

・人の感情を揺らす仕事であること。

 

これから稼げる仕事は、この2つの要素が重要だと考えています。

 

 

それぞれの教科を見てみましょう。

 

「音楽」

これは言わずもがな理解いただけるでしょう。

音楽は社会の中で「楽しむ」部分にかなり特化しています。

 

クラブ、ライブ、フェス、カラオケ

 

何かを楽しむ場所には、常に音楽が流れています。

最近は、EDMなんかも流行っています。

また、YouTubeでは、「歌ってみた、踊ってみた」など、

これからもこの分野の産業はSNSなどを通じて、

拡大が予想されます。

 

 

しかし、車の中で流す曲にはこだわりを持っていて、

常にアンテナを張っています。

なかなか面白いんですよね。DJ的視点を持って音楽を楽しみましょう。

私は最近、EDMに興味を持っていて、仕事を辞めて作曲してみたいなーと常々思っています。

 

 

「体育」

まず大前提として、体育をやれる人は体形が違います。

肩の筋肉、背中の筋肉、胸の筋肉、腕の筋肉、腹の筋肉、足の筋肉

僕の場合は、シルエットを意識して、これらの筋肉を

さぼらずに鍛えています。

 

もちろん、時間が取れない時もありますが、

基本的には毎日筋トレをしています。

 

私はムキムキマッチョになれる体質ではありませんが、

完全なる痩せマッチョになっています。

現代社会では、「運動」をサボった人たちが肥満に悩まされています。

それを解決できるのは、夢中になれる体育を見つけることです。

ちなみに僕はサッカーを嗜みますが、楽しめるスポーツがあるというのは非常に有意義ですね。

 

 

「美術」

影響力という観点で見ると、これほど素晴らしい教科はありません。

インスタグラムが世界を席巻している通り、写真が持つ影響力はものすごいものがあります。

ふとした自分の生活の一部を投稿することで、スターになることすらできます。

また、おしゃれな一面をオシャレに切り取る技術を高めれば、あなたはあっという間にモテることができます。

 

私はナンパの際、「写真撮りましょうか?」オープナーをよく使いますが、

この写真を適当にとってはいけません。

構成を理解し、光の角度などへのこだわりを持って写真を撮るように心がけています。

また、相手にガンガン指示もします。

綺麗な写真を撮ると、相手のテンションを上げることができます。

「写真撮るの上手ですね。」と褒められたら、しっかりと、

「次写真取る時も呼んでください(笑)Line教えておきますよ。

交換しておきましょう。」

と、簡単にLineゲットできます。

 

先人たちが蓄えてきた美術の知識は、現代版にブラッシュアップしてまだまだ活用可能です。実践していきましょう。

 

「家庭科」

この学問ほど、重要な学問はないと思っています。

家庭科に当てはまるのは、「食事」です。

「食事を作る」とか「おいしい店を知っている」とか、そういう指標も大事だと思いますが、個人的には「何を食べて生きていくか?」が人生に与える影響は計り知れないと思います。

僕が出会った中で、最高の教科書がこちらです。

 

自分を変える最強の食事

https://amzn.to/2HEqOS0

 

 これはまさに最強なんですね。

体脂肪率が変わり、顔つきが変わり、まさにモテるための体形に生まれ変わることができます。

 

「残り4教科」。

 

この勉強を加速させていきましょう。

僕はこの4教科についての理解を深めていこうと思います。

 

ちなみに、このブログのコンセプトは、「モテる技術」としていますが、

結局のところ僕は、「人生を楽しんでいる人がモテる」と思っています。

 

今まで5強化に独占されてきた人生から自分を解放し、

残り4教科を楽しむ人生にシフトすることを検討してみてください。

 

自分の人生が、カラフルになる感覚を得られます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナンパと出会いの境界線~僕たちは「運命の出会い」を創造できる~

僕のナンパのペースは、そこら辺のナンパ師と違って非常にゆっくりである。

 

なぜなら、成功確率が高すぎて、既存で溢れ返ってしまうため、

ナンパしている時間がなくなってしまうからだ。

 

簡単な話で、ナンパの成功確率を上げたければ、

ナンパしなければいいのだ。

 

???

 

いったいコイツは何を言っているのだと思うだろうが、

実際のところ、世の中には「ナンパ」と「出会い」の境界線は

驚くほど薄い壁しかないのだ。

 

ナンパには2種類あるのは、ナンパ業界では常識だ。

「直接ナンパ法」と「間接ナンパ法」である。

 

「こんにちわ。ナンパです。良ければ飲み行きませんか?」

これが直接ナンパ法である。

 

この直接ナンパ法というのは、実際問題、成功率が低い。

個人的に好んで使っているのが、間接ナンパ法だ。

 

例えば、

「すみません、ちょっと道を教えて欲しいんですけど。」

「すみません、近くに携帯を充電できる場所ないですか?」

など、困ったふりをして話しかけ、

「あなたがタイプでした。良ければ今度ご飯でもどうですか?」

「良ければライン交換しませんか?」

と、最後に連絡先の交換をオファーするのが、一般的である。

 

この方法は、なんとなく姑息な感じがして、女性受けも微妙である。

 

しかし、この中間。

「直接ナンパ法」と「間接ナンパ法」の間に、

成功率が高く、ライバルが少ない、「Fake Fate ナンパ法」という

ナンパ法を私は確立している。

 

Fakeとは「偽」。

Fateとは「運命」。

である。

略して「FFナンパ法」である。

 

僕たちの脳は、基本的に体系的なものは受け入れない性質になっている。

英語の文法がまずそうだ。

名詞、動詞、形容詞、接続詞、を順番に習い、

さらには文法も習って、

では英語は完璧に仕上がっているかというと、そんなことはない。

 

学校教育で英語を喋れるよういなった日本人を少なくとも僕は見たことない。

体形的に学んだことは、脳は受け入れないのだ。

(だから僕は、実践で文法を学ぶことを提唱しているわけだが。)

 

恋愛も同じだ。

 

出会い系アプリで、数百人の中から年収、性格、身長、出身地を

割り出し、綿密な計算の下、出会ってみても、案外パッとしなかったりする。

 

なぜなら、それは自然な出会いではなく、人工的に作られた出会いだからだ。

 

 

恐らくは、人工的なものに拒絶する僕たちの性質は、

詐欺などから身を守ってくれているのかもしれない。

 

それであれば、人工的な部分を取り除いたナンパが必要になるのだ。

 

「出会い」。

 

これを作り出すことからナンパを始めてみよう。

 

僕がよく利用していたのは、どこにでもある観光地的な温泉施設だ。

 

この温泉施設では、コーヒー風呂というものがあり、コーヒーをお客さんに浴びせるイベントが定期的に行われている。

 

このコーヒーイベントには、インスタ映えを求めて、女子が群がってくる。

3月の後半であれば、春休み中の女子大生が大量にいる。

イベントが開始される5~10分前を見計らい、その女子たちよりも早くその場にいるようにしよう。

なるべく中央に位置取り、あくまで、「イベントに参加しに来た元々いた男性」になりきろう。

獲物を狙うには、獲物の行動をあらかじめ予測する必要があるのだ。

マジョリティの行動を予測し、その行動をちょっとだけズラせばいい。

 

仕留めに行く姿を獲物に確認されては、すぐに逃げられてしまう。

少なくとも、獲物に対して、狙われているという警戒心を与えてしまうことになる。

イベントの内容を把握し、「元々いること」が大事なのだ。

 

ハンターハンターという漫画を読んだことがあるだろうか?

 

主人公であるゴン・フリークスが圧倒的に戦闘力が格上のヒソカからプレートを奪おうとしたとき、どのようなタイミングを狙っただろうか?

 

正解は、「相手が獲物を捕らえる瞬間、そこを逆に狙う」だ。

 

 

f:id:tentengu:20180409202747j:plain

僕たちは、「インスタ女子が、シャッターチャンスという獲物を捕らえる瞬間」を逆に狙う。

あたかも、僕たちは初めからこのイベントにいて、後から君たちが来たという自然さを提供するのだ。

この時期、多くの新入社員が、職場の上司に恋をし、恋愛してしまうのはこの作用も関係している。なぜなら、その上司は私を狙ってその職場に来た人ではなく、私がその上司のいる職場にやってきたのだから。

そこに警戒心が生まれるはずもないのだ。

 

警戒心を解く大事さが理解できただろうか?

 

この既成事実さえ作ってしまえば、声掛けのハードルはぐっと下がる。

 

コーヒーをばらまいているイベントの最中に、

「コーヒー飲みました?」(もちろん飲めない。)

「このコーヒー上手いですね。」(もちろん飲めない。)

などと話しかけ、

「え?これ飲めないですよね?」という返答を引き出せば、

あとは会話はよどみなくつながる。

「え、そうなんですか?ちょっと飲んでみてくださいよ(笑)」

などと両手にすくったコーヒーを差し出してもいいし、

 

「えー、そうなんですか。詳しいですね。

もう全部回りました?おすすめの場所あります?

僕まだ来たばっかりなんですよ。」

 

と言っても良い。

そのあとは、そのおすすめの場所に一緒に行ってもいいし、何か他の遊びを提案しても良い。

 

FFナンパ法は、イベント会場であればどこでも適用できる。

 

僕がお勧めするのは、

 

・お風呂(水着で入れる男女混合の)

・遊園地(DSLは男二人の正当性が保たれにくいのでやめた方がいい。)

・会社などのイベント

・インスタ映えするスポット

・ゲームセンター

 

等だ。

 

アトラクションがあり、その場で楽しめるものがあるのであれば、

FFナンパ法は、どこでも有効だ。

僕は直接ナンパ法も嫌いではないが、引っかかる女の子のレベルがどうしても下がってしまうイメージがある。

 

美人ほどFFナンパ法に弱い傾向にある。

 

「これはちょっとハードルが高い。」と思ったら、その解決策は、

「無理をする」事では解決されにくい。

僕たちは、戦略を練ってクレーバーに獲物を狙いに行こう。

 

美人を見かけた時は、スラムダンクの仙道の名言を思い出してほしい。

f:id:tentengu:20180409202428j:plain